診療案内

予防関係

混合ワクチン

当院で取り扱う混合ワクチンの種類は次の通りです。

犬の混合ワクチン6種混合10種混合
犬ジステンパー
犬伝染性肝炎
犬アデノウイルス(2型)感染症
犬パラインフルエンザ感染症
犬パルボウイルス感染症
犬コロナウイルス感染症
犬レプトスピラ病(4種)

 

猫の混合ワクチン3種混合5種混合
猫ウイルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症
猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス
クラミドフィラフェリス感染症

※フェレットのジステンパー予防には犬2種混合ワクチンを使用します。

ワクチンの種類によって適切な接種頻度が異なりますので、詳細は受診時にお問い合わせください。

ワクチン接種はなるべく午前中に行いましょう。顔が腫れるなどの副反応がみられた場合は直ちにご連絡ください。

当院では、世界小動物獣医師会(WSAVA)のガイドラインに沿った接種方法を推奨しており、基本的に不必要な摂取はしない方針です。ワクチン接種歴または接種の必要性が分からない場合は、ワクチン抗体価検査をご紹介しますので、ご相談ください。

狂犬病ワクチン

狂犬病は犬から人に感染し、ほぼ100%死に至るおそろしい病気です。

現在日本では、50年以上発生はありませんが、周辺の国では依然として発生しており、日本は常に侵入の脅威にさらされています。

今後も清浄国であり続けるためには、飼い犬の登録と年一回の予防接種が必要です。

当院では、注射済票の交付、登録手続きの代行(福岡市内にお住まいの方)を行っております。

今一度わんちゃんのワクチン接種歴をご確認の上、(登録済みの場合)市から届いた葉書を持って当院を受診してください。

※ワクチン接種は予期せぬ副反応に備えて、午前中の接種をおすすめしております。

フィラリア予防

4月から11月下旬または12月上旬までの予防を推奨しています。
錠剤、散剤、チュアブル、注射など投薬のバリエーションがありますので、来院時にご相談ください。

避妊・去勢手術

当院では、犬・猫・うさぎの避妊・去勢手術を行っております。

「健康なのに手術を受けさせるのはかわいそう…」と考える飼い主様も多いと思いますが、「病気の予防」や「問題行動の抑制」などのメリットがあること、また「高齢になり生殖器系の病気になってしまい、やむを得ず手術を行う方がリスクが高い」ことを知っていただき、お考えいただければと思います。

手術のメリット手術のデメリット


○ 望まない妊娠を防ぐ

○ 性ホルモンに関連した病気を予防できる。

○ 性ホルモンに関連した問題行動を抑制できる可能性がある。

● 繁殖ができなくなる。

● 太りやすくなる。

● 全身麻酔が必要になる。

手術によって予防できる病気
オス前立腺肥大、精巣腫瘍、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアなど
メス乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、子宮腫瘍、子宮内膜炎など

手術時期は動物種を問わず、生後6ヶ月以降が適応となります。

手術は予約制となりますので、お電話または来院時にご相談ください。

セカンドオピニオン

服用中のお薬、過去の検査結果など全てお持ちになってご相談ください。

夜間対応・急患

23時まで可能な限り対応いたします。ただし、現在の限られた人員で対応しますので、応急処置が中心となることを予めご了承ください。>>詳しくはこちら

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました